伊豆 梅原建築板金 屋根の風景 

アクセスカウンタ

zoom RSS お盆の入

<<   作成日時 : 2017/07/31 18:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


猛暑!
仕事場での作業でしたが、
熱かったです( ̄∀ ̄)


伊豆市修善寺K様邸。
屋根葺き替え工事の
谷、唐草などの加工でした^ ^


修善寺周辺は
8月1日〜8月3日がお盆です。

今日はお盆の入りですので、
ご先祖様が乗って帰ってこられるという

雲、牛、馬を作り、

迎え火を炊きました。


ご先祖様がいてくれて
自分達が今、生かしていただいています。
感謝致します。

画像

クリックの
  御協力をお願いします!      
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 屋根・瓦へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「盲亀の浮木」人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。それぞれの祖父母4人。
時間軸をさかのぼっていくと、10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります。
家系図作りが、命のつながりを知ることで家系の歴史を知ることができます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。
感謝の心を持って手を合わせて幸せ
2017/08/31 07:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
お盆の入 伊豆 梅原建築板金 屋根の風景 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる