瓦屋根を→透明波板に替える工事

画像

修善寺の瓦屋根リフォーム。
瓦屋根を透明小波屋根に替える工事。

石倉の下屋をリフォーム。瓦が割れて下地の木が腐ってしまっていた状態だった。瓦を下ろしていくと、補強のために設置しといたサポートが浮く状態に。目のあたりに瓦の重さを感じる。

この透明波板非常にすぐれものでポリカナミという。
 ポリカナミは非常に耐衝撃性のすぐれたポリカーボネート製で、透明性・軽量はもちろんのこと、保温性・耐熱耐寒性にもすぐれている。
更に、樹脂自体が燃えにくい性能を持っています。
また、色調を豊富に取り揃え、今回はブラウンを使用しました。

葺き上がると明るさ倍増同じ屋根とは思えない見違えるほどきれいに。

画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

何とかならないの?
2016年11月24日 19:19
伊豆半島東方沖地震でも持ち堪えたんですよね?味のある瓦が…勿体無いです。瓦屋根がどんどん消えて、日本の田舎の風景、景観がさらに酷くなっていきますね。

良い知恵はないのでしょうか?

この記事へのトラックバック